CONCEPT私たちの住まいづくり

DOUBLE INSULATION

ダブル断熱+高気密化による快適空間

断熱性能が住まい心地を決める

内断熱と外断熱
どちらも採用するのがダブル断熱です

古くから日本の住まいづくりは夏の風通しを重視した、熱の逃げやすいものでした。そのため、冬期は震え上がるほど寒い室内も「普通」でした。しかし近年、快適性に加え、健康管理や省エネの視点から、住宅を適温に保つ断熱性能が重視されています。
住宅の断熱施工の方法には大きく2通りあります。柱と柱の間(壁内部)に断熱材を充填する「内断熱」と、構造体の外側を断熱材でグルリと包み込む「外断熱」です。そして、内断熱と外断熱を同時に採用するのが「ダブル断熱」です。断熱材を二重に施工することで建物の断熱性能が格段に向上します。

また、断熱では室内の保温だけでなく、外の熱を室内に伝えないことも大切です。特に太陽高度の高い夏は、屋根からの日射が一番多く、この熱をシャットアウトすることが重要です。そのため、壁面だけではなく屋根(天井)にもダブル断熱を施します。
一方、冬の快適性を考えると、床面の温度も考慮したいものです。近年注目されている基礎断熱は、それだけでは床下温度が低くなりがちのため、床下に暖房機を入れるなどの対策が必要です。また、床下を密閉することは湿気によるリスクがあります。そのような理由から、当社では床下空間の通気性は確保して、床の直下に断熱材を敷込む「床断熱方式」を採用しています。
外壁、屋根、床下いずれも、平成25年の改正省エネルギー基準に対応できる断熱材を積極的に使用して、暑さ・寒さの厳しい京都でも快適な室温が保つ、快適な住まい心地をご提案します。

当社が標準とする断熱材仕様
  • 外壁:アクリアウールα105mm(充填)+キューワンボード30mm(外張)
  • 屋根(天井):アクリアネクスト105mm+85mm
  • 床:アクリアUボードピンレスα(アキレスジュウテンNLも検討)

窓の大きさや配置も断熱性能を左右する

窓の設置場所によって
断熱タイプと遮蔽タイプのLow-Eガラスを使い分け

住宅では「窓」から多くの熱が出入りします。「窓を小さくする」ことで断熱性能を単純に高めることは可能ですが、視界は閉ざされ、心地よい空間からは程遠いものとなってしまいます。私たちは、断熱性能と快適さとの両立を前提とした窓ガラス素材の選択と、窓の配置を行っています。
建物の南側においては、熱を外に出さない断熱タイプのLow-Eガラスを基本として、冬には陽射しをしっかりと家の中に取り込みます。これに対して夏の陽射しが厳しい東・西面には日射をシャットアウトする日射遮蔽タイプのLow-Eガラスを使用します。南の窓からの日射を遮りたい場合には、日射角度の計算のもと、庇をデザインしたり採風タイプの雨戸を取付ける等の対策を行います。

空気の「質」にも注意をはらう

業界最高クラスの気密性を実現
高気密をお約束するからこそ、高い基準を設けます

ダブル断熱でいくら断熱性能を高めても、建物が隙間だらけでは熱が出入りしてしまって意味がありません。「気密性」を高めることで初めて、目指した断熱効果を最大限に発揮できるのです。
また、高気密の住まいには適切な換気が不可欠です。成人であれば1日に1万5000から2万リットルの空気を吸っていると言われます。吸っている空気の質が低下すると、酸素濃度が低下による集中力や記憶力の衰えやアレルギー症状の原因、体の各部の不快感につながります。
なお、換気方式について、当社では第3種換気方式である汚染空気排出型の集中換気システムを採用しています。高気密化住宅の換気方式は、熱交換型の第1種換気方式の人気が高いのですが、換気性能やダクト内のメンテナンス、またエネルギー使用量などを総合判断し、あえて第3種換気方式を採用しました。
汚染空気排出型の集中換気システムは、シンプルでメンテナンス性に優れ、室内の汚れた空気をしっかりと排気し、外壁面に取り付けた給気グリルから外の新鮮空気を直接取り込みます。