CONCEPT私たちの住まいづくり

KYOTO

京都の気候風土に適した住まいづくり

暑さ寒さからは守られながら四季を楽しむ

京都市域の気象は,夏に雨が多く,冬には少ないという「瀬戸内式気候」と,三方を山に囲まれているという地形的特徴から,寒暖の差が大きい「内陸性盆地気候」との両面を特徴としています。また,盆地地形のため,年間を通じて風が弱いという特徴があります。よく、京都の夏の暑さは「油照り」、冬の寒さは「底冷え」と表現されますが、これも風が弱く空気が動かないことによるものだと考えられます。

このグラフは京都の姉妹都市であるパリとの一年を通じた最高気温、最低気温の比較です。京都の気温変化の大きさがわかるかと思います。
「四季の移り変わりを楽しみながら、厳しい暑さ寒さからは家族を守る」これが京都の地での暮らしです。私たちは、そのような暮らしに適した住まいづくりを目ざしていきます。

四季に応じて外とのつながりをコントロールする

京都の気候における住まいづくりのポイントは、春や秋のすごしやすい時期には、窓を大きく開けて外とのつながりのある暮らしができる一方、暑さ寒さの厳しい時期には外気温をシャットアウトできる住まいです。
外とのつながりのある住まいづくりの中心となるのは「パッシブデザイン」と言われる設計手法です。自然の太陽光や風を上手に室内へ取り込み、冷暖房機器や照明器具に頼らずに快適な室内空間をつくります。自然を身近に感じる、実に心地よい暮らしです。
逆に、暑さ寒さの厳しい季節は外気温の侵入をシャットアウトして、快適な室内環境を保ちます。核となるのは施工における「高性能断熱」と「高気密化」です。この2つにより、外部の暑さ寒さの侵入を抑えるとともに、室内の熱の流失を防ぎます。また、「高気密化」は、花粉やPN2.5の飛散が著しいシーズンの清浄な室内環境づくりにも寄与します。

SE構法とダブル断熱で実現する

パッシブデザインによる設計では、陽光や風を効率よく取り込むための効果的な窓などの開口部の設置と、取り入れた光や風を室内に導く経路の計画がポイントです。その点、私たちが採用している「SE構法」は、柱と梁で建物を支えるため、大きな開口部を自由に設けることができ、また光や風の経路を遮る壁のない、吹き抜けや大空間を実現することができます。

SE構法はパッシブデザインを実現するために理想的な構法なのです。
一方、高断熱・高気密は「ダブル断熱工法」で実現します。「ダブル断熱」とは、柱と柱の間(壁内部)に断熱材を充填する「内断熱」と、構造体の外側を断熱材でグルリと包み込む「外断熱」をセットで施工することを示します。断熱を二重に施工することで建物の断熱性能が格段に向上し、厳しい暑さ寒さから家族を守ってくれます。断熱性能が格段に向上し、厳しい暑さ寒さから家族を守ってくれます。