WORKS施工事例

設計・施工のポイント

京都嵐山の絶景を存分に楽しめる「嵯峨の家」。立地のよさを最大限に引き出すために、生活の中心を2階にして、間仕切りのない開放的で明るいLDKに仕上げました。壁一面に広がる窓がこちらの住まいの最大の魅力。窓枠の仕様に美術館の設計を参考にするなど、一般的な木造住宅の概念にとらわれないダイナミックかつ繊細な設計で、家の中にハレとケのメリハリがある空間ができました。

居室のみならずクローゼットまで贅沢に敷き詰めた無垢材の床は、足元に一切仕切りを作らずに全室シームレスつながっています。構造は京都の住まいに最適な耐震構法SE構法。1階の寝室は将来的な部屋割りも視野に入れ、SE構法の特徴である柱が少なくスパンの長い設計です。

登録日 2017.6.9

所在地
京都市右京区
建築面積
78.83m2(23.8坪)
延床面積
125.04m2(37.8坪)
階数
2
構造
SE構法
家族構成
夫婦+子供1人
設計
住まい設計工房