WORKS施工事例

設計・施工のポイント

ビルトインガレージ、格子の日除け、カーテンやブラインドの代わりになる組子、和風の中庭…まさに京都らしさを体現した住宅です。奥に長く広がる京都特有の敷地を逆手に取り、中庭を中心に上下につながる設計が特徴です。そもそも光は上から下に降り注ぐもの。狭小地でも家の中をくまなく明るくするためには、上階から下層階にしっかり光が届く「光の道」を確保することが大切です。敷地をすべて居室にせず、ゆとりを持って中庭や吹き抜け空間を確保することで、様々な目線で建築を楽しめるのも魅力です。

住まい設計工房では京町家の現代的な解釈として、木の風合いを活かしつつ、現代のライフスタイルに合った生活動線の設計を行っています。

登録日 2020.10.5

所在地
京都府中京区
建築面積
53.85m2(16.29坪)
延床面積
96.65m2(29.24坪)
階数
2
構造
SE構法
家族構成
ご夫婦+子ども1人
設計
蘇理裕司