WORKS施工事例

設計・施工のポイント

幼少期を過ごした桂坂で土地を探していたというお施主様。坂道の高低差のある地形を活かして、家の中から様々な角度で自然を眺められるような設計となりました。

LDKと吹き抜けスペースを繋ぐのは、インテリアの一部として「見せる」階段。スチールと無垢材のスケルトン階段なので、吹き抜けから入り込む光を遮らず、機能性とデザイン性を両立しています。

さらにLDKに併設された和室も吹き抜けに。上下に大きな窓を付け、街路樹を一望できるなど、自然との一体感を得らるのがポイントです。和室の吹き抜けにはSE構法の梁を露出させ、デザインのアクセントになっています。

登録日 2020.12.28

所在地
京都府西京区
建築面積
215.23m2(65.11坪)
延床面積
137.77m2(41.68坪)
階数
2
構造
SE構法
家族構成
ご夫婦+子ども1人
設計
蘇理裕司