WORKS施工事例

設計・施工のポイント

2階のLDKは壁一面の造作の本棚とロフトスペースが印象的な遊び心あふれる大空間。勾配天井で縦にも広さを作り出すことで、実際の面積以上の開放感があります。また、ベランダから続くリビングの壁面に共通の色合いの木材を使うことで、建物の内と外にも繋がりが生まれます。さらにその壁面が階段から1階にまで連続していて、建物全体をひとつの有機的な空間として捉える、住まい設計工房らしいデザインの住宅です。

ゆったりとした玄関土間は絵を飾るためのギャラリースペースを兼用。創作活動に造詣が深いお施主様ならではの間取りで、玄関横に作業用のアトリエと納戸を配置しました。

外光をふんだんに取り入れて明るいLDKに対して、ダイニングスペースには控えめなペンダントライトを採用するなど、家の中に明るさと暗さを作り出すことで、ハレとケのコントラストが魅力的な住まいになりました。

登録日 2022.2.28

所在地
京都市伏見区
建築面積
78.97m2(23.89坪)
延床面積
128.12m2(38.76坪)
階数
2
構造
耐震構法SE構法
家族構成
ご夫婦+お子様1人
設計
蘇理裕司